学生生活学生が加入する保険について

学生が加入する保険について

学生教育研究災害傷害保険と学研災付帯賠償責任保険

大学での学生生活で起こりうる様々な事故やトラブルに備え,大分大学では主に以下の二種類の保険を取り扱っています。
授業や実習の中には保険への加入が前提となっているものもありますので,各自の活動状況に応じた保険に加入してください。
これらの保険への加入は安価な金額となっており,補償範囲は授業を含む学業に関することだけではなく,広く学生生活全般を含んでいます。
加入することで,いざという場合に備えることができます。


※ 入学時に配布している学生生活案内(P15~P18)に詳細を掲載しています。

公益財団法人日本国際教育支援協会のホームページ にも詳細が掲載されていますので参照してください。 (URL:http://www.jees.or.jp/gakkensai/


学生教育研究災害傷害保険 (略称:学研災)

【概要】
学研災は,教育・研究活動中に被った傷害(ケガ)の治療費(病気は除く)を学生本人に補償する保険です。
大学の実験・実習や学外での活動を行う授業科目を履修する際に学研災等への加入が必要なケースもあります。
また,インターンシップや教育実習・介護等体験の履修にあたっては,受入先の企業,学校,団体が学研災への加入を求めています。

■加入方法及び金額
■保険金が支払われるケース
■事故が起きた時


学研災付帯賠償責任保険 (略称:付帯賠責)

【概要】
上記の学生教育研究災害傷害保険に付帯する保険です。
加入には学生教育研究災害傷害保険への加入が必要です。
正課中・学校行事中・課外活動中及びその往復で,他人にケガを負わせたり,他人の財物を損壊し賠償責任が生じた場合,相手方のために補償する保険です。
学研災と同じくインターンシップや教育実習・介護等体験の履修は付帯賠責への加入が前提となります。

■加入方法及び金額
■保険金が支払われるケース及び対象物
■事故が起きた時


2014年9月29日