学生生活大分大学入学料・授業料奨学融資制度

大分大学入学料・授業料奨学融資制度

■担当部署
学生支援部 学生支援課
  電話:097-554-7386
E-mail : jyugyoss@oita-u.ac.jp


制度の概要

  • 入学料または授業料の納付が困難な学生は,奨学融資制度の利用を申請し,本学の承認の後,学生本人が入学料や授業料の融資を地元金融機関に申し込みます。その後,金融機関における審査を経て融資対象者が決定します。通常は,融資を受けると直ちに返済が始まりますが,奨学融資制度の利用により元金返済は卒業後となり,本学在学中は利子のみを支払うこととなります。在学中に本学が負担する利子の返還義務はありません。

 入学料で奨学融資制度の利用を申請する場合は,入学手続き時に入学料徴収猶予申請が必要です。



融資制度の対象

融資金額
 入学料または半期分の授業料額です。
 ただし,入学料免除申請,授業料免除申請の結果,半額免除を許可された学生については,残りの半額分について奨学融資制度の利用を申請することができます。

家計状況
 入学料または授業料の納付が困難で,総所得金額が本学の定める収入基準額以下である学生を対象としています。

学業成績
 本学の定める修得単位数を満たす学生を対象とします。


奨学融資制度の申請

  • 奨学融資制度の募集は,各期の授業料免除選考結果発表後(前期6月中旬,後期11月中旬)に掲示板および電子掲示板(教務情報システム)で行います。受付期間内に申請書および審査に必要な書類を提出してください。大学の承認の後,地元金融機関に融資の申込みをし,審査を受けることとなります。

授業料免除申請をしている学生の授業料は,選考結果が出るまで徴収が猶予されます。
授業料免除申請をせずに奨学融資制度の申請を検討している場合は,奨学融資制度の結果が出るまでは授業料の納付を行わないでください。
融資の時点で既に授業料が納付されている場合は,奨学融資制度の利用はできません。



  • 申請場所は,学生支援課奨学支援グループです。挾間キャンパスは医学部学務課で書類の受け渡しを行います。
  • 関係会議で申請のあった書類を定められた選考基準に基づき審査した後,融資制度の利用が承認されます。その後,地元金融機関に融資の申込みをし,審査のうえ,利用者が決定します。

2016年4月1日