情報公開・個人情報保護医学系研究科ディプロマ・ポリシー

医学系研究科ディプロマ・ポリシー

大分大学大学院医学系研究科修士課程ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

医科学専攻

 大分大学大学院医学系研究科の修士課程を修了し,研究者として自立して活動しつつ高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に修士(医科学)を授与する。

  1. 医学以外の専門知識を基盤に,医学の基本的知識やその研究手法を修得し,新しい発想での研究や技術開発などを実践できる。
  2. すべての人々が健康で幸福な生活を享受できる社会を実現するため,医学と各自の専門分野との融合と発展を図れる。
  3. 高度の専門的職業人あるいは研究者としての専門的知識及び研究姿勢が身についている。



看護学専攻

 大分大学大学院医学系研究科の修士課程を修了し,高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に修士(看護学)を授与する。

  1. 看護実践・看護管理・看護教育の分野において自主的に研究課題を立て,その課題の探究に必要な基礎的研究能力を形成することができる。
  2. 専門領域の理論と実践に関する豊富な知識と高度な技術を習得し,幅広い視野からの柔軟な問題対応に必要な態度を身につけることができる。
  3. 保健・医療・福祉の専門職との連携において,看護専門職として主体的行動ができ, コーディネーターとして問題解決の調整に優れた能力を発揮することができる。
  4. 地域社会の健康問題の解決に看護職として率先して取り組み,多様化・国際化した看護活動の必要性をふまえ,看護支援方法の研究・開発を展開し,学術的な成果として社会に還元することができる。

大分大学大学院医学系研究科博士課程ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

医学専攻

大分大学大学院医学系研究科の博士課程を修了し,研究者として自立して活動しつつ高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に博士(医学)を授与する。

  1. 基礎・臨床医学,及び生命科学における深い学識と高度な情報収集能力・分析能力および研究技術を備えている。
  2. 自らの研究歴あるいは臨床経験に基づいて,その学識・能力・技術を基盤に,自ら課題を見出し,それを解決・展開できる。
  3. 自らの研究成果を客観的に分析し,目的と背景・研究方法・結果・考察,さらに今後の発展の可能性について発表し討議することができると共に,その成果を欧文論文として発表する総合的な情報発信能力を有する。
  4. 科学的基盤に基づいて先端医療を理解または実践することができる。
  5. 実験室や調査フィールドあるいは臨床の場における実践的な経験に基づいた,医学者としての研究者倫理を有している。
  6. 医学研究を通して人類の繁栄と福祉に貢献することができる。

2013年5月1日