大学の教育情報経済学研究科カリキュラムポリシー

大分大学大学院経済学研究科カリキュラム・ポリシー


 大分大学大学院経済学研究科は,博士前期課程および博士後期課程において,ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)の各項目を達成するために,以下のような方針に従い,カリキュラムを編成する。

博士前期課程

1.博士前期課程は,経済社会政策と地域経営政策の2つの専攻により構成され,育成する人材像にあわせて,経済社会政策専攻には,国際経済コース,政策科学コースを,地域経営政策専攻には,地域政策コース,マネジメント(MBA)コース,会計・法務コースを設定する。社会人学生が受講しやすい昼夜間開講制度の導入や,秋季入学生に配慮した科目の配置など,多様な学生に対応したきめ細かいカリキュラムを編成する。

2.各コースは,高度専門職業人に必要な社会科学の専門的知識が体系的に修得できるように,それぞれの分野で必要とされる授業科目を,特にコア科目は選択必修科目として提供する。

3.コース別の学修に加えて,経済社会に係る研究課題について理論と実証の両面から適切に分析できる実践的能力,および課題に対処し解決できる能力を育成するため,必修科目として,担当教員から個別指導を受けて修士論文(リサーチペーパー)を作成する演習を配置する。修士論文(リサーチペーパー)の作成過程においては,研究内容および指導の客観性を高めるため,複数の教員(主指導教員と副指導教員)が公開による中間報告会を含めた段階的な指導を行う。最終試験では提出された修士論文を中心に公開の口頭試問を実施する。

博士後期課程

1. 博士後期課程は,地域経営専攻のもとに,マネジメント,地域政策,経済社会環境分析という3つの領域を設定する。社会人学生が受講しやすい昼夜間開講制度を導入するなど,学生に対応した柔軟できめ細かいカリキュラムを編成する。

2.各領域では,高度な専門的研究に必要な理論や学説を修得し,自立した研究活動を行う能力を育成するため,選択必修科目,選択科目を提供する。

3. 各領域での学修に加えて,学生が自ら設定した研究課題について適切に分析できる専門的能力,および課題解決に資する方法や政策を提示する実践的能力を育成するため,必修科目として,担当教員から個別指導を受けて博士論文を作成する特別演習を配置する。博士論文の作成過程においては,論文計画書の提出・承認,論文指導委員会を構成する複数教員(主指導教員と副指導教員)による指導,学会等での報告,専門雑誌への論文掲載など,研究の内容および水準が対外的な評価に耐えるように,体系的で段階的な指導を行う。最終的に提出された博士学位請求論文について,外部審査委員を含めた審査および公開の口頭試問を実施する。

2014年3月26日