大学の教育情報大学の教育研究上の目的

大学の教育研究上の目的

教育学部

(学部の目的)
小学校教育における各教科の指導内容と指導方法についての確かな専門的知識の上に,新しい時代を担う子どもたちの学ぶ力を育む実践的指導力を持ち,教育現場で生起する諸課題に適切に対応できる小学校教員を重点的に養成し,地域の教育研究や社会貢献活動等を通じて我が国の教育の発展・向上に寄与する。

(課程の目的)
・地域の学校教育の発展のため,教育に関する専門的な知識・技能を学校現場の中で創造的・総合的に活用し,新たな学びや地域の教育課題に適切に対応できる実践的指導力を備えた小学校教員,特別支援学校教員の養成を行う。

経済学部

(学部の目的)
経済学,経営学を中心にして,社会科学の諸分野について,基礎から応用・実践に至るまで幅広く学修することを通じ,経済社会の動向を的確に把握し,社会の中核を支える人材を養成することを目的とする。

(学科の目的)
・経済学科
 家計,企業,政府など経済主体の行動が生み出す経済現象,およびそれら相互の関係を分析し,グローバル化された社会で活躍する人材を養成することを目的とする。

・経営システム学科
 企業の経営組織,管理技術,財務分析,人事労務管理,会計などの科目を学習して,広く経営活動を理解し,経営について適切な分析と解決策を提案できる人材を養成することを目的とする。

・地域システム学科
 地域経済,法律,行政,福祉など住民の生活領域を総合的・学術的に学び,異文化間コミュニケーションと国際相互理解を深める実践的な学習を行い,地域社会の再生・活性化のためにローカルな実践ができる人材を養成することを目的とする。

・社会イノベーション学科
 企業経営上の革新や,行政やNPO等による地域社会の課題解決について,地域における現場体験を組み込んだ実践的な教育を通じ,基礎から応用・実践まで段階的に学び,サービス開発・まちづくりの知見を備えた地域活性化に貢献できる人材を養成することを目的とする。

医学部

(学部の目的)
医と看護に関する最新の学術を教授・研究し,高度の医学及び看護学の知識と技術並びにそれらの本義を見失わない道徳観と,それを支える豊かな教養を身につけた臨床医及び医学研究者並びに看護職者及び看護学研究者を育成し,もって医学及び看護学の進歩,国民健康の維持増進,さらに医療,保健を中心に地域住民の福祉に貢献することを使命とする。

(学科の目的)
・医学科
 患者の立場を理解した全人的医療ができるよう,豊かな教養と人間性,高度の学識,生涯学習能力,国際的視野を備えた人材を育成することを目的として実践的な医学教育を行う。

・看護学科
 人々が心身共に健康な生活を営めるよう,適切な看護を行うことができる専門的知識と技術の修得を促し,看護学の発展と保健・医療・福祉の向上,ひいては国際社会への貢献ができるよう,豊かな人間性を備えた人材を育成する。



理工学部

(学部の目的)
本学部は,工学と理学を融合し,自らの課題を探求する高い学習意欲と柔軟な思考力を有し,国際基準を満たすゆるぎない基礎学力と高い専門知識を備えるとともに,豊かな人間性と高い倫理観を有する人材を養成する。

(学科の目的)
本学部の学科に置くコースの目的は,次に掲げるとおりとする。

創生工学科
・機械コース
理学の基礎に基づく最先端の機械工学とエネルギー・環境科学等を学び,高効率で環境低負荷な自動車,ロボットなどの機械関連の設計・開発ができる技術者・研究者を養成すること。

・電気電子コース
数学と物理の理学と電気電子工学を融合的に学び,電気エネルギーと電子情報工学の分野に関する基礎から応用までの理論や技術を修得するとともに,実験・演習による技術の体得,さらには数理的な思考方法もできる創造性と専門性を備えた電気電子系技術者・研究者を養成すること。

・福祉メカトロニクスコース
理学系基礎に強く,数理モデル構築力及び高度シミュレーション技術を修得するとともに,機械工学,電気工学を基盤として,先端のメカトロニクス,ロボティックス,サイバネティックス分野を応用した高度福祉社会に貢献できるメカトロニクス及び福祉工学系技術者・研究者を養成すること。

・建築学コース
理学の基礎に基づく最先端の建築構造・材料施工・環境工学と建築設計・都市計画学等を学び,安全で持続可能な建築とまちづくりに貢献できる建築士・技術者・研究者を養成すること。

共創理工学科
・数理科学コース
論理的思考力と発見的想像力をあわせもち,数理的知識・推論を活用して問題解決に寄与するとともに,次の世代の発展にも貢献できる科学者・技術者・教育者・研究者を養成すること。

・知能情報システムコース
数理的思考に基づいて事象をモデル化し,計算機による高度なシミュレーションや新たなシステムを自立的にデザイン・構築することができる,国際的に通用する技術者,研究者を養成すること。

・自然科学コース
総合的な自然科学の基礎知識と活用能力をもち,それを理工学的視点から地域社会の発展に応用することができる科学者,技術者,教育者,研究者を養成すること。

・応用化学コース
基礎化学の知識と物質・材料化学及び生物化学の専門知識・技術を有し,それらを活用する能力をもち,地域・企業から地球環境に亘るさまざまな課題解決に生かすことができる技術者・研究者を養成すること。

福祉健康科学部

 福祉と保健医療,心理を融合した新しい学問領域としての「福祉健康科学」を基盤として,生活を包括的に支援する視点を持ち,要支援者の多様な生活課題に対応できる社会福祉分野,リハビリテーション分野及び心理分野で働く実践者・臨床家の専門性を担保するとともに,地域包括ケアシステムを具体化できる領域横断型の専門職のリーダーとなる「生活支援の専門職者」を養成する。


教育学研究科

学校教育専攻の目的
・学部教育で修得した学校教育の基本的知識及び学校教育現場における教師としての経験や知見を土台に,さらに学校教育における理論と実践に関する学術分野の総合的な研究・教育を行うことにより,高い研究能力と教育的指導力を備え,地域の教育の発展に貢献できる実践力豊かな人材を養成することを目的とする。

教職開発専攻(教職大学院)の目的
・学部教育で修得した学校教育の基本的知識並びに学校教育現場における教師としての経験や知見を土台に,大学院における「理論」の学習と学校における「実践」の経験の往還を通した高度の実践的指導力を習得させることによって,新しい学校づくりにおいて指導的役割を果たし得るスクールリーダー(管理職等)の養成と,新しい学びや学校現場での今日的教育課題に対応し得る教員の養成を目的とする。


経済学研究科

 経済社会に係る諸問題を発見,分析及び解決する能力の涵養を図り,高度な専門能力を有する人材を養成することを目的とする。


医学系研究科

 最新の学術を教授・研究し,豊かな教養を身に付けた教育・研究者及び医療人を育成し,もって国民の健康の医事増進を図り,更に地域及び国際社会の福祉に貢献する人材を養成することを目的とする。


工学研究科

 質の高い特色ある教育と研究を通じて,世界に通用する科学技術を創造し,もって地域に貢献するとともに,豊かな創造性,社会性及び人間性を備えた人材を育成することを目的とする。

福祉社会科学研究科

 福祉を総合的・多角的に捉え,問題発見・解決のできる実践能力の涵養を図るため,社会福祉学・法学・社会学・経済学・経営学・教育学などの社会科学を駆使し,社会の様々な分野で活躍する高度職業人の養成を目的とする。