国際交流・学術振興基金

「大分大学国際交流・学術振興基金」へのご支援について(お願い)

 「大分大学国際交流・学術振興基金」は,本学における国際交流及び学術振興の一層の推進を図り,もって教育及び研究の発展・充実に資することを目的に,平成7年11月に設立されました。これまで,学生の海外派遣・留学生の受入れ,研究者の海外派遣事業,外国人研究者等の招聘,研究集会等の開催及び共同研究等の実施,学術に関する研究の推進,地域社会との学術交流などに対し助成を行ってまいりました。
 本学の発展のためには,これらの事業を円滑に遂行していく必要があり,実施にあたっては多くの経費が必要であるにもかかわらず,平成16年4月の国立大学法人化以降,国の施策により国立大学法人への基盤的経費は毎年減少する傾向にあります。このことから,平成22年度より従来の年間配分額を見直し,留学生への支援を主体とするなどの運用の改善を図ったところであります。
 また,本学の国際交流に関する基本方針には,「世界に通用する人材の育成,大学の先進的教育・研究・医療の成果の国際社会への還元,国際社会との多面的連携と共存及びその発展への貢献を目指す。そして世界各国,特にアジア近隣諸国との交流の拡大及び教育・研究の連携を図ることによって,国際的拠点大学としての役割を果たす」ことを明記しております。この遂行のためには財政基盤の強化が不可欠と考え,「大分大学国際交流・学術振興基金」の増額を図るべく,広くご厚志を募りたいと存じます。
 つきましては,本趣旨をご理解いただき,ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


                                        平成29年2月22日


                                国立大学法人大分大学
                                 学長
                                  北野 正剛
                                 理事(研究・社会連携・国際担当)
                                  門田 淳一


本件に関する担当

研究・社会連携部国際交流課国際教育・交流係
電話:097-554-7429
E-mail:tankoury@oita-u.ac.jp

→申し込み方法についてはこちら