お知らせトピックス2018-028

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」
第7期全国コース・第9期地域人材コースの本学学生が学長を表敬訪問

 文部科学省が官民協働で進めている海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第7期全国コースで留学を終えた学生と第9期地域人材コース「大分県地域グローバル人材育成・定着事業」に採択された本学学生6名が学長を表敬訪問しました。
 第7期の世界トップレベル大学等コースで採択された佐田瑛香さん(経済学部3年)はイギリスとフィリピンでの留学を終え無事に帰国しました。第9期の地域人材コースの自由分野で採択された森菜々子さん(教育学部4年)はフィリピンへ,観光分野で採択された北山大海さん(経済学部4年)はミャンマーへ,同じく観光分野で採択された西川楓子さん(経済学部1年)はアメリカへ,林業分野で採択された德永梓さん(理工学部2年)はイタリアへ,また半導体分野で採択された草野夏輝さん(工学部3年)はアメリカへそれぞれ飛び立ちます。
 北野正剛学長から激励の言葉をいただき,学生たちは気持ちも新たに本学の代表として大分大学で,日本で,そして世界各国で今夏から活躍します。
 なお,トビタテ!留学JAPANは現在,平成31年4月から10月に留学を開始する第10期生の募集を行っています。

▶第10期生募集の詳細はこちら

記念撮影
記念撮影
北野学長から激励を受ける学生たち
北野学長から激励を受ける学生たち