情報公開・個人情報保護大分大学教育課程編成・実施の方針

大分大学教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)

「大分大学卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)」に示した6項目の資質・能力を学生が身に付けられるよう,教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)を以下の通り定めます。

教育課程の編成と教育内容

  1. 大学における学修スキルや専門分野を学ぶための基礎知識を修得する初年次教育とともに,市民として生きるための幅広い教養と社会性を涵養するために,全学共通科目を配置する。
  2. グローバル社会において円滑なコミュニケーションを図れるようにするために,外国語科目を配置する。
  3. 各学部の専門分野の体系や人材養成の目的に基づいて,専門教育科目を配置する。

教育方法

  1. 学生の主体的・対話的な学びのために,少人数教育やアクティブ・ラーニングの視点を取り入れた授業を積極的に実施するとともに,授業時間外の学修を促す。
  2. 地域の発展や人類福祉への貢献ができるようにするために,地域や福祉を重視した課題解決型の授業を積極的に実施する。
  3. 専門的知識の基礎を確立し,生涯にわたって学び続けることができるようにするために,卒業研究や臨地実習を実施する。

学修成果の評価

各資質・能力における学修成果の到達目標に対する達成度について,客観的な成績評価基準に基づいて評価を行う。

各学部カリキュラム・ポリシー

各研究科カリキュラム・ポリシー

2021年5月28日