情報公開・個人情報保護大分大学医学部 卒業認定・学位授与の方針

大分大学医学部 卒業認定・学位授与の方針(DP:ディプロマ・ポリシー)

医学科

 患者の立場を理解した全人的医療ができるよう,豊かな教養と人間性,高度の学識,生涯学習能力,国際的視野を備えた人材を育成することを目的として実践的な医学教育を行う。本学科は,この教育目標を踏まえ,学士課程を通じて以下に示す資質,知識や能力を修得した学生に対して,学位を授与する。
 

  1. 専門的知識・技能の活用
    疾病に関する基礎的・臨床的知識を身につけ,疾病予防や診断,治療方法の改善,原因や病態の解明・向上に貢献できる。

  2. コミュニケーション能力
    コミュニケーション能力と協調性並びに指導力を備え,チーム医療の実践ができる。

  3. 創造的問題解決力
    科学的根拠に基づいた論理的思考と科学的に実証する方法論を身につけている。

  4. 社会的責務と倫理
    幅広い教養と高い倫理観・責任感を備え,個人の生命や健康,権利,尊厳を守り全人的医療が行える。

  5. 地域発展・人類福祉への貢献
    広い視野から医療や保健・福祉の問題を理解し,地域社会はもとより国際的にも活躍,貢献できる。

  6. 生涯学習力
    問題発見・解決型の効果的な自学自習の習慣を実践でき,最新の医学知識や技術を習得するための生涯学習能力を備える。
 

 

看護学科

 人々が心身共に健康な生活を営めるよう,適切な看護を行うことができる専門的知識と技術の修得を促し,看護学の発展と保健医療福祉の向上,ひいては国際社会への貢献ができるよう,豊かな人間性を備えた人材を育てます。この教育目標を踏まえ,学士課程を通じて以下に示す資質,知識や能力を修得した学生に対して,学位を授与します。
 

  1. 豊かな看護観
    看護の対象となる人々に関心を寄せ,寄り添い,人間的な関係を築くことのできる豊かな感性を身につけ,看護学の学修を通して,自己の看護観を育むことができる。

  2. 専門的知識と技術の活用
    看護学と関連諸科学の知識を基盤に人間を統合体(身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな存在)として理解し,看護実践を創造的に展開できる。また,看護技術を深化させることができる。

  3. コミュニケーション能力
    看護の対象となる人々に対して,個々の権利と多様な価値観を認め,それを基盤とした援助的人間関係を発展させることができる。また,自分自身の意見を文章・口頭で論理的に表現し,保健医療福祉チームや地域の人々と積極性と協調性をもって連携・協働することができる。

  4. 創造的問題解決力
    看護専門職として科学的思考法を用いて看護上の問題を明確化し,創造的問題解決策の提案,実践を行い,結果を検証することができる。

  5. 社会的責務と倫理
    看護専門職に必要な社会的責務を自覚し,一人ひとりの生命や尊厳と向き合い,対象にとってよりよい看護を考え実践することができる。

  6. 地域発展・人類福祉への貢献
    社会の動向や国内外の各地で生じている健康課題に関心を持ち,解決のための方策を考えることができる。また,専門職や地域の人々と共に解決策を考え実践することができる。

  7. 生涯学習力
    主体的・自律的な学び方を身につけ,学際的な知的関心を持って看護の本質を探究し続けることができる。
 

 

2020年4月1日